×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初級システムアドミニストレータ-(シスアド)

私の所持している資格:情報処理技術者試験 初級システムアドミニストレーター
合格に要した受験回数:1回
勉強した時間:60時間程度
勝手な難易度評価:★★★☆☆

個人的お勧め度:★★★☆☆

詳細データ―:情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
http://www.jitec.jp/




概要

情報システム利用側に求められる知識を学ぶ。
簡潔に言うとパソコン関係における包括的な知識が求められる。
試験は春季(4月)と秋季(10月)の年に二回。
マーク試験であるが試験範囲は結構広く、あまりナメテかかると合格は難しい。
おそらくオタククラスでも全く勉強しないで受かるのは無理であろう。


プログラムの問題は出なかったと思うが、表計算ソフトやデータベースソフトなどのツールを操作についての問題が出た。エクセルで$マークをつけて計算するとセルが固定されることをこの時勉強して初めて知った。


私はベネッセの通信教育を申し込んだが、最近は市販の問題集もしっかりとしたものが出版されているので本屋で買っても十分だと思う。
そのほうがかなり安上がりである。
ただ、情報処理といった試験の性質上問題の傾向が変わりやすいので参考書はなるべく新しいものを買ったほうが良いであろう。
近年の過去門を見たら“2次元バーコード”とか出てたしな。


はっきり言って日常ではあまり使わない知識がほとんどだが、中には先の表計算の事例のように使える知識もある。
初級だけはあまり役に立たないと思うが、上級シスアドや他の情報処理技術者試験である基本情報技術者試験、システムアナリストといった資格を目指す上での足場としては十分に有効であると思われる。



←TOPへ

★関連書籍★